スパイク ミート スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 練習法 コツ

MENU

スパイクのミート

バレーボールのスパイクが確実にヒット出来ていますか?
スパイクを打ち分ける時に大切になってくるのが、手のひらにボールがあたる感覚であるミートですね。
ミートがしっかり出来ていないとボールに回転をかけることが出来ず、狙ったコースにスパイクを打つことも出来ません。

 

 

そして、スパイクをミートする時の正しい手の形は、親指が開いて手のひら全体でボールを捕えます。親指とその他の4本の指で1対4に開くと英語の「L]のような形になり、ボールに対して面でしっかり当てることができ、パチーンという音がします。
出来れば、手のひら上部の指の付け根あたりボールの中心に当てるようにすれば、最も力が入りやすく、コントロールもつけやすくなるでしょう。

 

 

ですが、ミート時にボールと手のひらに隙間が空いているとパチーンという音がせず、上手くミート出来ていないという事になります。
また、手のひらとボールに隙間が空いていると、一点にしか当たらなくなるので、コントロールが難しくなりますし、親指を開かないで指を閉じて打つと、拇指球が盛り上がってボールと手のひらに空間でき、力も入らず当たる面積も小さくなります。

 

 

更に手首を反らせてミートするとボールの下を叩いてしまうので、ドライブ回転をかけずらくなります。
そして、正しいスパイクのミートを覚える練習法としては、床にボールを置いて隙間が出来ないように手を乗せて、感覚を掴むと良いです。

 

 

いずれにしても、スパイクの綺麗なミートとドライブ回転はスパイクの要とも言えるので、しっかり練習をして感覚を身につけましょう。
なお、ドライブ回転をかける時にはボールの中央を、カーブ回転ならボールの中心からやや右側を小指から当て、シュート回転ならボールの中心から少し左側を親指から当ててヒットさせます。

 

 

加藤陽一監修のスパイク上達革命DVD)では、スパイクを確実にミート(ヒット)させられるようになる、あまり指導されていないプロの練習法が学べます。

スパイクフォームと投げる練習の次にやるべきボールヒットのテクニックを、足を○○にさせながら行うノーバウンドと、ワンバウンドで実践しましょう。数種類のトレーニングを確実にこなせば、きっと見違えるように変わってくるでしょう。

 

スパイクを確実にヒットさせるプロの練習法をお教えします!

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる