一人時間差攻撃 スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 練習法 コツ

MENU

一人時間差攻撃のコツ

一人時間差攻撃が上手く出来ますか?
基本はAクイックのタイミングで助走をしてネット前に入り、ジャンプするふりをして相手ブロッカーのタイミングを外してスパイクするのが一人時間差攻撃です。

 

 

そして、一人時間差攻撃のコツは、相手を見せかけの動作で誘うことが出来るかどうかです。
とは言え、大きな見せかけのジャンプ動作をしてしまうと、その後のスパイクに上手く繋げれなくなることがあるので、必要最低限の動作で相手を確実にはずして、そのまま動きを止めずにスパイクを打てるのが理想でしょう。

 

 

一人時間差攻撃の基本はAクイックと同じ助走で入り、見せかけのジャンプを間に挟んでから本当に跳んでスパイクを打つ形になるので、見せかけの動作をする分だけトスは少し高めになり、Aクイックよりも打点もやや高くなります。

 

 

更にジャンプのタイミングをずらして遅く跳ぶようになるので、上がってくるトスを打つのではなく、ボールが頂点に達して落ちてくるとこを打ちます。
その為、スパイクの腕の振りもクイックと同じようにコンパクトなスイングでボールを打ちましょう。

 

 

また時間差攻撃は、見せかけの動作からCクイックに変えたり、Bクイックのタイミングで入ってAクイックに変えるなど色々変化させることで、攻撃のバリエーションも増やせるでしょう。
なお、セッター、アタッカー、レシーバーの息が合わないと上手く決まらないので、しっかり連係プレーが出来るようにしておくことが大切です。

 

 

加藤陽一監修のスパイク上達革命DVD)では、パラレル、クロス、BクイックやCクイックとのコンビネーションなど様々なタイプを、どのように練習すべきか?について解り易く解説してあります。

 

スパイクが苦手だった選手が、時間差攻撃に参加できるほどに成長した練習法とは?

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる