助走の仕方 スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 練習法 コツ

MENU

力のあるスパイクを打つ助走の仕方

力のあるスパイクが打つことが出来ていますか?
威力のあるスパイクを打つには、助走でパワーをつくり、それをボールに伝えることが大切ですね。

 

 

そして、スパイクの助走は3歩から覚えるようにした方が簡単なので、まずはこれから覚えるようにしましょう。
スパイクでの3歩助走の仕方は、利き腕とは逆側の足から(右利きなら左足)スタートし始めます。

 

 

次に、2歩目を大きく踏み出してジャンプ体勢に入ります。この時に両腕を体の後ろに大きく振り上げ、助走でのスピードとジャンプのパワーを作ります。
そして、3歩目をステップしたら、膝を深く曲げた反動を利用して両足で真上に出来るだけ高く跳び上がります。

 

 

ここまでの動きを速く、大きく行うことでパワーとジャンプ力が発生します。
ですが、逆にここでのステップ幅が小さく、全身の動きも小さくまとまった助走になってしまうと、高くジャンプすることもボールを勢いよくヒットして打つことも出来なくなります。

 

 

その為、力のあるスパイクを打つには、ジャンプ前の助走での動きを思い切りよく行うことが大切です。
いずれにしても、レシーブができない強烈なスパイクは、腕力だけに頼っていても打てません。
助走からボールをヒットするまでのまでの一連の流れの中に、力のあるスパイクを打つコツがあるんですね。

 

 

この加藤陽一監修のスパイク上達革命DVD)を繰り返し見ることで、エースアタッカーになれる選手となれない選手の違いは見えてくるでしょう。

 

同じ体力・体格を持ちながら、力のあるスパイクを打てる選手と打てない選手の最大の違いとは?

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる