ブロード攻撃 打ち方 スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 練習法 コツ

MENU

ブロード攻撃の打ち方

ブロード攻撃が上手く出来ますか?
ブロード攻撃とは、クイックにみせかけて片足で踏み切り、横に流れるようにジャンプをしてブロックをかわしてスパイクを打つ移動攻撃ですね。

 

 

例えば、Aクイックに行くと見せかけて、バックトスをセッターに上げてもらいサイドに回り込んでスパイクを打つなどして、ブロックをかわすことが出来ます。

 

 

ですが、このブロード攻撃が成功する上で前提になるのがサーブレシーブが綺麗に返ってくることです。
トスが短くなったりすると当然打てなくなるので、その場の状況に応じて縦のクイックなどに変えることも必要になってくるでしょう。

 

 

そして、ブロード攻撃は流れていくトスをスパイクを打つようになるので、セッターとボールの動きにタイミングを合わせることが大切になるので、繰り返し練習をすることが必要です。

 

 

ブロード攻撃の打ち方としては、今度はAクイックの逆バージョンとも言えるCクイックに見せかけて行う場合としては、スパイカーはセッターの近くからボールとセッターの動きを確認しながら走り込み、セッターの後ろ1メートル以内でバックトスから打つ速攻であるCクイックに入るような位置へ移動します。

 

 

そこから更に遠くのサイド側へ素早く踏み出し、左足で踏み切り、体が流れ過ぎないように、バランスを保ちながら、腕をしっかり振り切ってスパイクを打ちます。
この時に姿勢を崩してネットに触れないように気をつけて下さいね。

 

 

ただ、いくら練習してもジャンプの時にトスが割れてしまうこともあるので、そうした場合は踏み込みすぎないようにするのがコツです。
試合では毎回良いトスが上がるとは限らないので、良いトスばかりを期待するのではなく、スパイカーが上手く打てるように自分でトスの歪みを調整することも必要です。

 

 

また、ブロード攻撃は女子選手が多用することが多いのですが、ありがちなのはセンター攻撃がブロード攻撃ばかりになってしまい、A〜Cのクイック攻撃が見られないことです。

 

 

こうなると攻撃のパターンが単調になってしまい、相手ブロックにマークをされやすくなってしまうので、A〜Cのクイックを絡めるようにすれば、相手ブロックもかわせ攻撃の幅も広がるでしょう。

 

 

この加藤陽一監修のスパイク上達革命DVD)では、様々なスパイクバリエーションについて、映像で分かりやすく解説してあります。しっかり取り組めばそれによって大幅に得点力がアップするでしょう。

 

クイック攻撃をマスターして抜群の得点力を持つアタッカーになる為にやるべきこととは?

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる