スイング 仕方 スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 練習法 コツ

MENU

力強いスイングの仕方

力強いスイングが出来ていますか?
豪快に相手コート叩きつけるスパイクは、バレーボールで得点を最も多くかせぎだすことが出来るプレーになり、助走、踏み切りと繋げて最後はスイング(腕の振り)になります。

 

 

その為、腕の振りのスピードを上げたいという人も少なくないでしょう。
ですが、この時に大事になるのが綺麗なフォームを心掛けることです。そうすれば楽なのに力強い早いスイングで打つことが出来ます。

 

 

そんな力強いスイングの仕方は、勢いをつける為に左腕を高くあげながら右腕を振り上げます。
そして、右手を大きく引きますが、ボールを打つ腕の肘が耳よりも後ろになるようにし、肩よりあげておきます。
上半身の胸より上の部分を後ろに引くことで体を元に戻す力が働きますし、肘が上がっていると、そのまま振り下ろすだけで腕の重みがそのままスパイクの重さに繋がり、威力が増すからです。

 

 

この時には、体の軸が真っ直ぐでないと後ろに引く広背筋がを上手く使えなくなるので、体の軸をブラさずに利き腕の肘をグッと引くようにしましょう。

 

 

また、腕を振る方ばかりに意識がいってしまいがちですが、反対の腕の動きも同じくらい大切なんですね。
横に流れたり、開いたりとしている状態だと力も入らず速いスイングも出来ません。
利き腕の肘を戻すタイミングで、高く上げていた反対の腕を引いて脇をギュッと閉じるようにすることがコツです。

 

 

そして、ボールをヒットする前には手首を反らしておくと、スナップが効いてムチのようにしなり、力を分散せずに使うことが出来ます。
手のひらでボールを真下に打ち込むようなイメージで曲げるようにしてスナップを十分にきかせ、ボールに強い順回転を与えると良いです。

 

 

そして、フォロースルーも最後まで大きく振りきります。
この時の体勢は、ボールを打っ前に作った体の反りを最大に活かせるように、打ち終わった後は「く」の字になるようにすると良いでしょう。

 

 

但し、肩よりも後ろの位置でボールをとらえるとボールに正しく力が伝わらないだけでなく、肩の関節を痛めたりすることがあるので、腕を伸ばし肩より前でボールをとらえましょう。
なお、トレーニング用のチューブやバンドを壁や柵などに固定して、スパイクを打つ動作で引っ張るようにトレーニングをすれば、肩の力を養うことが出来ます。

 

 

この加藤陽一監修のスパイク上達革命DVD)では、正しいフォーム作りから、小中学生・ママさん選手のアタッカーに是非やってもらいたい、肩の故障を防いだり強化にもなる、チューブトレーニング方法も紹介されています。

 

多くの人が知らない、元・全日本選手が一押しで進めるチューブトレーニングとは?

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる