平行トス 打ち方 スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 練習法 コツ

MENU

平行トスの打ち方

バレーボールのエースアタッカーというのは、どんな場合でもブロックがつきます。
サーブレシーブが乱れて打つ時も、相手のブロックが1枚、ないしは2枚、3枚つことだってあります。

 

 

そんな相手ブロックのマークを薄くするために有効なのが、アンテナより低く速いトスを打つ平行攻撃です。
ネットに対して平行に助走してスパイクに入ることで、自分の目の前にいるブロッカーに対して、一瞬視野から消えることが出来ます。

 

 

平行トスの打ち方は、速攻と同じようにトスアップに合わせて助走に入り、セッターがボールを送り出した瞬間に踏み込んで、打つポイントめがけてスイングするようにします。
また、平行攻撃の速いトスにタイミングを合わせるには、コンパクトな腕の振りが大切で、オープンスパイクのように背中を反らせて大きく振りかぶると対応できません。

 

 

踏切り時には腕を後ろに引いて構えて準備をしておき、速いトスに合わせて手首のスナップを使って打ちつのがコツです。
一連のやり方の流れとしては、アタッカーはセッターがトスを上げる前に助走に入り、ボールを送り出したらバックスイングし、ボールの軌道を見ながら踏切ります。

 

 

空中でボールを視野に入れながらスイング動作に入って、トスが伸びてくるのを待って、高い打点でボールをとらえて腕を振りきります。
このようにすれば、ボールがあがった時には、スパイカーとブロッカーが離れているので マークしている相手は一瞬遅れます。

 

 

なお、平行攻撃のトスは、速さを保ちながらもアタッカーの打てるポイントをたくさんある状態で上げるのがポイントです。
途中で落下せずに白帯の上を真っ直ぐに伸びていくように意識して行い、選手の能力に合わせてトスの速さと高さを調節して練習していきましょう。

 

 

加藤陽一監修のスパイク上達革命DVD)では、平行トスの打ち方が映像でしっかり学べ、相手のブロックや守備によって臨機応変に打ち分けられるようになるでしょう。

 

状況に応じた打ち方がマスターできます!

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる