のジャンプ コツ スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 練習法

MENU

スパイクのジャンプのコツ

高くジャンプしてスパイクが打てますか?
エースアタッカーなら、より高くジャンプして威力のあるスパイクを決めたいものですね。

 

 

バレーボールにおいて全ての技術は床を踏んで、蹴ってプレ―をすることになりますが、この時に床を正しく踏んで、力をもらえれば、大きなパワーを発揮することが出来ます。

 

 

そして、スパイクでは走って踏み切ってジャンプに繋げますが、その際には助走の水平方向の勢いを垂直方向に変えて高さに変える必要があります。
それには、助走の勢いをしっかり止めないと、体が流れて高い打点でボールを捉えることができません。

 

 

しっかり止まることで、重心が身体の真下にくるのでその後のプレイを安定して行えます。
ましてや助走の勢いに負けて、体重が前に乗ってしまうと、正しく真上に跳び上がることが出来ません。

 

 

つまり、いくらジャンプ力が上がったとしても、正しい方向へ跳び上がることが出来なければ、しっかりボールを捉えられずパワーもボールに伝えることが出来ないのです。

 

 

その為、かかとから入って止まることが大事であり、スパイクのジャンプのコツと言えます。
ですが、逆につま先から入ってしまうとスピードに負けて、正しく止まることができません。

 

 

加藤陽一監修のスパイク上達革命DVD)では、左足を軸にパワーを上に伝える方法と体重を前に移動させるブロードジャンプの2種類のやり方が紹介されています。

パワーを斜め前に伝えることによって、アタックに勢いをつけられたり、助走の勢いを前に伝えることが出きるようになれ、これがしっかり出来るようになれば、決定力もアップするでしょう。

 

ジャンプのコツをお教えします!

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる