平行トス スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 練習法 コツ

MENU

平行トスのスパイク

平行トスのスパイクを打ちこなすことが出来ていますか?
平行トスのスパイクも、クイックと同じようにスパイカーが助走を先に行い、セッターはそれに合わせてトスを上げます。

 

平行トスのスパイク

 

クイックと同じタイミングで入ることで、相手ブロッカーを惑わすことが出来ます。
スパイカーは、Bクイックの延長線上で打つというつもりで助走に入り、セッターはスパイカーのジャンプの最高到達点をめがけてトスを上げるのがポイントです。

 

 

その際は、トスのスピードを意識しすぎて低くならないように気をつけてください。
また、コースを打ち分けるため、トスはネットに近すぎないことも大切です。

 

 

そんな平行トスのスパイクの打ち方の一連の動作の流れとしては、セッターがトスを上げる前からスパイカーは助走を開始。
そして、セッターがトスを送り出した時には踏み切ります。

 

 

威力のあるスパイクが打てるようにしっかりバックスイングをし、トスの軌道を確認して、高いところでボールをとらえます。
また、平行トスのスパイク練習としては、タイミングを合わせることが大事になるので、慣れるまでは助走の距離を短くしてタイミングを合わせていくと良いでしょう。

 

 

例えばトスされたボールを助走をつけてジャンプし、肘を伸ばして最高到達点キャッチするのもチームでできる良い練習になります。打ち分けは、オープンスパイクと同じです。
体の向きと同じ方向にすばやく打つクロス打ちは、スパイカーの顔の右側でボールをとらえ、そのまま右の太ももまで腕を振り下ろして打ちます。

 

 

体の向きと反対に打つ場合は、顔の中心より少し左側でボールをとらえるようにして空中でターンして打ちます。
これがしっかり出来るようになったら、助走に入る角度を工夫してブロックのマークを外していきます。

 

 

いずれにしても、平行、クイックなど、様々なスパイクバリエーションをマスターすれば、得点力もそれだけアップするのでしっかり身につけて行きましょう。