スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 練習法 コツ

MENU

トスが乱れた時の対応

トスが乱れた時のスパイクの対応が上手く出来ていますか?
長くて高いボールを打つオープンスパイクでは、2段トスなどセッター以外からのトスなどで乱れることも良くあるので、そうした時にトスに合わせてスパイクフォームを調整する技術も必要ですね。

 

 

いつものスパイクフォームで乱れたトスを打とうとしてしまうと、体の軸がぶれてしまい威力のないスパイクになってしまうものです。
ネットから遠いトスは、打点が後ろになりますし、逆に近いトスは打点が前になるので、いつものフォームで打つとバランスの悪いスイングになってしまいます。

 

 

その為、ネットから離れている場合は、出来るだけ踏切を後ろにずらして、上体をひねる大きな動きはしないようにして、高い打点で強くボールを打つことをだけを意識して、角度をつけずにコートの奥深くを狙ってスパイクすると、強くボールをミートすることが生きてきます。

 

 

一方、トスがネットに近すぎる場合は、いつもの打点で打てるようにジャンプの踏切りを前にずらすようにします。
ですが、ネットと身体の間隔が狭いので、体を大きく動かしてスイングはしにくいので、ボールを打った後の腕の振りは、コンパクトに振り抜くようにすことが必要です。

 

 

なお、トスに助走のタイミングをっしっかり合わせないと高い打点でスパイクを打てないですし、早く助走に入ってしまうと、ジャンプの勢いがなくなるので気をつけるようにしましょう。

 

 

この加藤陽一監修のスパイク上達革命DVDでは、下半身トレーニングの解説の中で、トスが乱れた時のスパイクの対応をワンステップかツーステップなどの重要点が分かり、トスに合わせるステップのコツを知ることが出来ます。

 

トスが乱れた時に対応できるアタッカーがやっている、プロのトレーニングとは?

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる