スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 Bクイック 打ち方 練習法 コツ

MENU

Bクイックの打ち方

Bクイックは、セッターから1.5〜2m離れた位置から低めに早く送られてくるトスを小さなスイングで打つスパイクです。Aクイックがジャンプの早さでディフェンスをかわすのに対して、Bクイックは横の移動の早さを使って相手ブロックをかわします。

 

 

その為、低く早いトスに対して、ジャンプのタイミングを如何に上手く合わせることが出来るかがポイントと言えます。
そして、Bクイックでの助走は、ネットに対して少し左から膨らみ気味に入るのが基本で、トスと同時にジャンプして打つので、まず、そのタイミングを覚えることが大切です。

 

 

また、攻撃のバリエーションを持たせ、相手を混乱させる為にも、Aクイックに入るコースから左に進路を変えて助走して打てるようにマスターするとなお良いでしょう。

 

 

そして、スイングは全てのクイックに言えることですが、ボールを打つ時に肩を下げないようにすることが大切です。
クイックはボールを打つ打点が低いので、打つまでに修正が出来ないので、左肩が下がってスイングのバランスが崩れてしまうと直しようがないので注意が必要です。

 

 

また、手首の使い方はAクイックと同じでスナップを効かせて打ち、バックスイングの時に左手をボールに向けて照準を合わせるようにして行うと、タイミングが合わせやすくなります。

 

 

そして、Bクイックの打ち方の一連の流れとしては、セッターの手にボールが届く前に助走を始め、トスと同時に両足で強く踏み切ります。次に、左手でボールに照準を合わせながらバックスイングし、左手を下後方に引きながら、右肘を振り出していき、体幹(上半身)を真っ直ぐに保って、ボールをミートして真下に打ちおろすようにスパイクをします。

 

 

なお、ブロックにつかまりやすいなど、上手くできない時には、横へ移動してのジャンプのタイミングが遅すぎないか、トスが山なりなっていないか確認してみると良いでしょう。

 

 

強豪チームが意識しているBクイックの練習のポイントをお教えします!

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる