スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 練習法 コツ

MENU

スパイクを確実にミート(ヒット)させる練習法

スパイクを確実にミート(ヒット)させて打つことが出来ていますか?
野球でもバットにボールを当てる為に素振りをするように、バレーボールでも同じようにスパイクのスイングの練習をすると良いですね。

 

 

まずは、ボールを使わずに大きな鏡などの前で、自分のスパイクフォームを確認しながら行ってみましょう。
練習のやり方としては、構えなど体の向きを変えたり、色々な角度を変えてスイングしたりすることで、広い角度で確実にミート出来るスパイクが打てるようになってきます。

 

 

その他にもスパイクを確実にヒットさせる練習としては、ボールを壁にワンバウンドさせて、跳ね返ってきたボールを打つ壁ミートのスパイクの練習方法があります。
これは15〜20回程度を目安にして、ミートを連続して繰り返すようにします。

 

 

この壁ミートのスパイク練習のコツは、腕を大きく振り上げて、確実に手のひらでボールをしっかり叩くことです。
そして打つ力を徐々に強くしていき、狙いを定めて打つようにします。
慣れてきて確実にミート出来るようになってきたら助走をつけたり、踏み切ってジャンプなども加えて練習すると良いでしょう。

 

 

この加藤陽一監修のスパイク上達革命DVD)では、ボールヒットのテクニックの練習が数種類あり、これを確実にこなせば、どこからでも見違えるほど確実にボールをミートして、スパイクが打てるようになれる筈です。

まずは、足を○○にさせながら行うノーバウンドと、ワンバウンドで実践しましょう。

 

確実にヒットさせる、あまり指導されていないプロのスパイク練習法をお教えします!

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる