壁打ち やり方 スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 練習法 コツ

MENU

スパイクの壁打ち練習のやり方

スパイクの壁打ち練習を行っていますか?
壁に向かってスパイクを打ち、手のひらでミートする感覚だったり、フォームを身につけるには効果的な練習になり、1人でも出来るのが良いですね。

 

まずは、分かりやすいバレーボールの壁打ち練習の動画があったので見て下さい。↓↓

 

 

 

このスパイクの壁打ち練習のやり方は、動画にもあるように壁から2〜3m離れたところに向かって立ち、壁の手前でワンバウンドさせてスパイクを打ち、跳ね返ってきたボールを連続して打ちます。

 

 

この時に左手を先導させるガイドにして、高く右肘を引き上げた状態でボールを引きつけます。
また、インパクトの瞬間は、腕を伸ばしてボールの中心をしっかりとらえて、そのまま振り抜くようにしましょう。
ボールに順回転がかかっていればボールの中心をとらえていると言えます。

 

 

ですが、ボールの中心から外れてしまうと変な回転が掛かっていたり、威力も弱いものになってしまいます。。
更に、インパクトの瞬間に肘が先に出てしまうと、打点が低くなりますし、何よりボールを押し出すような感じになり、回転がかからないようになりコントロールもつけにくくなるので注意しましょう。

 

 

そして、壁打ちを連続して打ち続けられるようにするには、壁に当たる強さや角度を一定にしないと上手くいきません。
その為、体全体を使って打ち込むというよりは、手首のスナップをきかせて打つようにしましょう。

 

 

いずれにしても、肩の前の位置でボールの中心をしっかりとらえ、手首のスナップをきかせて打てば、パワフルな威力のあるスパイクが打てるようになれるでしょう。

 

 

スパイクを確実にヒットさせる、あまり指導されていないプロの練習法をお教えします!

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる