フォロースルー スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 練習法 コツ

MENU

スパイクのフォロースルーを意識した練習

スパイクのフォロースルーをしっかり行っていますか?
バレーボールでスパイクを打つ時、ボールにパワーをしっかり伝える為には、ヒットした後も素早く腕を振り抜くフォロースルーを行うことが大切です。

 

 

このことは力強いスイングの仕方のところでも触れましたが、その際のポイントになるのが、ボールを打つ瞬間に左手を引くこと。
つまり、ボールを右腕でヒットするのと同時に、左腕を曲げて脇の下を締めるようにして胸に引き付けるようにするわけです。

 

 

このようにして、背中の筋肉と肩甲骨を使うことで、肩の回転も速くなってスイングスピードが上がり威力のあるスパイクが打てるようになります。

 

 

練習方法としては、ジャンプせずに両膝立ちでお尻は踵に付けずにワンバウンドで相手にパスをするキャッチボールをすると効率よくフォロースルまでの腕の振りを身につけることが出来ます。

 

 

ただ、この時には正しいスパイクフォームを意識して行うことが大事です。
左手をおでこの斜め45度にかざして、打点の目安を作り、右手のひらを上にして右肘を外側に開く感じて後方に引きます。

 

 

この時には、肘が下がらないように注意しましょう。
また、手のひらが横などに向かないように、しっかり天井に向けるようにし、最終的にスナップを使って手のひらでボールを巻き込むように打つことで、ドライブ回転が掛かります。

 

 

これを意識して、ワンバウンドのキャッチボールをするのです。
下半身を使えないようにして腰のひねりで投げれるように練習することで、腕をムチのようにしならせて振る感覚を身につけることが出来るでしょう。

 

 

確実にヒットさせて威力のあるスパイクが打ちたい方へ

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる