真上にジャンプする練習 スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 練習法 コツ

MENU

真上にジャンプする練習

スパイクを打つ時に真上にジャンプすることができず、体が流れてしまうということはありませんか?
そうなると力強いスパイク打てないどころか、タッチネットや足や手がセンターラインを越えて相手コートに入ってしまいパッシングといった反則をとられたりしかねません。

 

 

その為、スパイクのジャンプのコツのところでもお伝えしましたが、かかとで踏み込む意識を持つことが大切です。
これはバレーボールでブレーキをかける際の基本です。

 

 

そんな真上にジャンプする練習としては、アタックラインに左足で立って、右足から大きく踏み込み一度ストップし、そこから腕を後ろに振って真上に跳ぶようにします。

 

 

スパイクに近い形のステップになりますが、踏み込みとジャンプを分けることで、しっかりブレーキをかけられているか、床からしっかり力をもらってジャンプできているかを確認することが出来ます。

 

 

もし、前に流れるようならつま先で入っていたり、バックスイングに問題があるので、再度かかとから入ることを意識するようにしましょう。
いずれにしても、スパイクだけではなく、フェイントなどの柔らかいボールを打つ時にも、しっかり踏み込み、正しく真上にジャンプすることが重要なので、この機会にしっかり身につけておきましょう。