鋭角に打つ スパイク上達革命 DVD 加藤陽一

MENU

スパイクを鋭角に打つ練習

スパイクを鋭角に打ちたいということはありませんか?
ママさんバレーや小学生、中学生のジュニア選手で、スパイクを打つとボールの下を叩きふかしてしまうということもあるでしょう。

 

鋭角に打つ

 

特に下に打ちつけようとする意識が高いほど肘が下がって、ボールの下を叩きふかすようになってしまいます。
その為、逆に打ちあげる練習をするといいです。

 

 

ミート練習でも下に叩きつけるようにするのではなく、まずは長い足のボールを打つ練習をします。
通常は前後に足を開いてボールをヒットさせてやっていると思いますが、今回は足を肩幅くらいに開いて腰の回転を使って打つようにします。

 

 

ボールを上げる時には、右利きの人は左手で必ずトスを上げるようにしましょう。
というのも、ボールを高い位置で左手で取ることを要求されるので、しっかりと左手でトスを上げることを意識してあげるようにするわけです。

 

 

最初はノーバウンドで相手に送るようにしますが、この時には手のひらをしっかり天井に向けるようにして行うことが大事で、手のひらでボールを巻き込むようにして打ちます。

 

 

その後、今度はセンターセミのネットの近いトスを打つ練習してみてください。
この練習をやる目的は打点を前に置くようにするために行います。ボールを捉える位置を良く確認し、オープンで打つ時も同じ位置でとらえられるように助走して打つようにすればいいのです。

 

 

ちなみに、セミとはセミクイックトスのことで、オープンとクイックトスの中間にあげるトスになります。
また、球足の長いスパイクも練習しておくと、状況に応じて鋭角と使い分けられるようにすると決まりやすくなりますよ。

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる