強く打つ方法 スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 練習法 コツ

MENU

スパイクを強く打つ方法と練習

バレーボールで力のあるスパイクを打ことが出来ていますか?
そもそも強烈なスパイクは、腕力では打てません。

 

 

スパイクを強く打つ方法としては、肩甲骨の引きと上半身の捻りを意識したスイングにあるんですね。
また、肩に負担が掛からないで最も力の入るポイントでボールをミートする必要があります。
その為には、体の前でボールを叩くようにし、上半身を上手く使って手打ちにならないようにすることが大切です。

 

 

それがしっかり出来るようにしていれば、例えママさんバレーで若い頃より筋肉が落ちたとしても、威力のある力強いボールが打てるようになれる筈です。

 

 

そんな筋力がなくてもスパイクを強く打てる練習法としては、肩甲骨を使ってボールを投げる、キャッチボールで身につけると良いでしょう。
この時には、肩甲骨を背骨側に寄せるような意識で腕を後ろに引くように行い、耳元からボールを手放すような投げ方は良くありません。

 

 

これだと腕力だけしか使っておらず、しっかり肩甲骨を使えていないスイングになり、これでは力強いスパイクが打ていくなるからです。
また、上半身の捻り意識する練習としては、床に利き手側の膝をつけて立て膝になり、ボールを正面から投げてもらい、それをタイミングよく腕を振り上げて打つようにします。

 

 

このようにすれば下半身は使えないので、体幹と肩甲骨を意識してしつかり上半身を捻ってスイングをすることで、腕力に頼らなくても、力強いスパイクが打てるようになれるでしょう。

 

 

このこの加藤陽一監修のスパイク上達革命DVD)では、ママさんや力のないジュニア選手でも力のあるスパイクが打てるようになれる、キャッチボールの様々なバリエーションの練習法が紹介してあるので、しっかり取り組めば、レシーブができない強烈なスパイクが打てるようになれるでしょう。

 

腕力だけに頼らないでスパイクを強く打つ練習方法をお教えします。

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる