2段スパイク 練習 スパイク上達革命 DVD 加藤陽一

MENU

2段スパイクの練習

2段スパイクの練習を行っていますか?
バレーボールで後方から上がってくる2段トスを、上手く打つのは難しいので、苦手というママさんや小学生、中学生も多いのではないでしょうか。

 

2段スパイクの練習

 

ですが、試合ではレシーブが乱れてセッターにボールがいかず、アタックラインよりも後方から上がってくる2段トスも多くなりますから、しっかり練習をしておきたいですね。

 

 

この時には、スパイカーの斜め後ろの方からトスがあがってきますから、出来るだけ横に開いて視野を広くとるように待って、自分の正面にボールを迎え入れるようにして助走するのがコツかなと。

 

 

2段スパイクの練習方法は色々考えられると思うんですけど、3人いれば出来ます。
例えば、バックセンターからボールを出し、バックレフト、もしくはバックライトが2段トスをあげます。

 

 

それをスパイカーは、助走の方向とトスの角度ができるだけ大きくなるように横に開いて2段スパイクを打つというようにしていくといいかと。
更に、前衛のレフト、ないしはライトに強く打たれたボールをアタックライン後方にレシーブします。

 

 

そして、アタックライン後方にいる選手が二段トスを上げるようにします。
初めにレシーブした前衛が開いて、トスを打つというようにすれば、動きのなかで横に開く練習が出来ると思います。

 

 

いずれにしても、日頃から位置取りを考えて練習しましょう。
2段スパイクの決定力がつけば、チームの大きな武器になりますから、この機会にしっかり学ぶといいかなと思います。('ω')ノ

 

合わせて読みたい関連記事

2段スパイクの打ち方