歩幅 練習 スパイク上達革命 DVD 加藤陽一

MENU

スパイクの歩幅の練習

バレーボールのスパイクで歩幅が合わず、タイミングが合わないということはありませんか?

 

歩幅

 

スパイクを打つ際には、より速く高さのあるスパイクを打つためには助走が必要です。
特に歩幅が大きいと最後の一歩が合わせずらくなり、胸が下を向いて体を振り上げるのに時間がかかってしまい、せっかくの助走も生かしきれなくなってしまいますね。

 

 

また、その際にはどのように足を運んでいいのか?1ステップたったり2ステップだりとか、そうしたことによってジャンプ力も違ってきます。

 

 

更に、トスが乱れ近くなったり遠くになったりするなど、そうした時にでも対応できるように、状況に応じてステップを選択できるようにしておく必要があります。

 

 

そして、安定した体勢でスパイクを打つには、ボールの落下点にしっかり入らないといけないので、それだけ歩幅が大切になってきます。
その為、まずは歩幅と体を立てる感覚を身につけることに集中するために、真っ直ぐに跳ぶところだけの練習から始めてみると良いかと思います。

 

 

それには、身体を立てる感覚を養うために片足ジャンプの練習からはじめてみると効果的です。
やり方は、左足を一歩前に踏み出します。股関節を使って床を左足で蹴り、軸足を右足と入れ替えます。

 

 

小さくバックスイングをつけ、右足を大きく踏み込んで体を立てて、真っ直ぐ真上にジャンプします。
そして、その感覚が身についてきたら、素振りの要領で腕の動きも入れて行っていくと良いでしょう。

 

 

これなら家でも出来ますよね。
歩幅が大きくなりすぎてしまうとなど、タイミング合わないような人は参考にしてみて下さい。

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる