バックアタック スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 練習法 コツ

MENU

バックアタックのコツと練習

バレーボールでバックアタックが上手く出来ますか?
ご存じだと思いますが、後衛の選手がアタックラインよりも後ろからジャンプし、フロントゾーンでスパイクするプレーですね。

 

 

アタックラインのぎりぎりのところからジャンプするのが理想で、ラインを踏んで跳ばないように注意しなければいけません
後衛の選手は、フロントゾーンからネットの高さを超えたボールをスパイクなどで攻撃をすると、ルール違反となります。

 

 

その為、バックゾーンから助走を始めても、アタックラインを踏んでジャンプしてスパイクすると、フロントゾーンから攻撃とみなされて反則になってしまうのです。

 

 

とは言え、ラインを気にしすぎても上手く打てないので、ぎりぎりに足の位置をさせようとするのではなく、いくらか余裕を持って手前からジャンプするつもりで行ったほうが良いでしょう。

 

 

そして、スパイクの基本動作は変わりませんが、違うのはジャンプの仕方です。
アタックラインを踏まないように両足でジャンプしますが、この時には通常よりも前方に高く大きく跳ぶようにすることがバックアタックのコツです。

 

 

また、ボールをインパクトする位置は、基本的にはセンターとアタックラインの中間あたりで打つのが一番でしょう。
近い場所で打つと、タッチネットする可能性が高くなっていまうからです。
ただ、鋭角的に打つことは出来ないので、エンドライン近くに深く強く打つことで決まりやすくなります。

 

 

そんなバックアタックの打ち方の一連の流れとしては、トスの高さや角度を見て助走をはじめ、両腕を後ろに振るのと、踏み込みは大きく行い、膝は深く曲げ、アタックラインを踏まないようにして、両足で通常よりも前方にジャンプします。

 

 

そして、空中で全身を弓のようにしならせながらバックスイングし、腕を伸ばしてジャンプの頂点でボールをとらえ、最後まで腕を大きく振り切るようにします。
ただ、片足で着地すると怪我をしやすいので、打った後はフロントゾーンに両足で着地しましょう。

 

 

なお、バックアタックの練習としては、ネット際からアタックラインよりやや前あたりにボールを上げてもらい、助走をしてそのボールを打つ練習をすると良いでしょう。
いずれにしても、速攻などで使えば相手が予想しにくいので、ブロックしにくいということがあります。

 

 

以前はトスが乱れてネットから離れて時や、後衛にエースアタッカーがいる場合に行っていましたが、最近では攻撃のパターンのひとつとして、中学生でも戦術に組み込んでいるチームも増えているので、しっかり打てるようになりましょう。

 

 

この加藤陽一監修のスパイク上達革命DVD)では、助走からジャンプのタイミングの合わせ方などはもちろん、上半身強化のための個人練習法等も紹介してあるので、この機会にしっかり学んで取り組めば、威力のあるスパイクが打てるようになれ、決定力を格段にあげることが出来るでしょう。

 

強烈なスパイクを打つためにまずやるべき、上半身強化のための個人練習法とは?

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる