理想 スパイク上達革命 DVD 加藤陽一

MENU

スパイクの理想の動き

バレーボールのスパイク理想の動きは、高い打点から全力で打つこと。
ですが、ボールを高い打点で、尚且つ全力で打つことは非常に難しいものです。

 

スパイクの理想

 

その理由としては、体の強さや肩の柔軟性が必要になるからです。特に気をつけたいのは手首だけで打つのではなく、体幹を上手く使って体に肩を乗せるような感じで打たないと威力のある強いボールは打てません。

 

 

その際には体の回転動作を利用し、ボールにしっかり体重を乗せることも大事です。
以前は、両肩のラインを地面と平行にするストレートアームスイングという打ち方がよしとされていました。

 

 

両手を上にあげて、真っ直ぐ下へボールを打ちおろすというスイング方法です。これはボールをミートしやすいですが、体のひねりが使えないために強打が打てません。

 

 

その為、この打ち方の選手が強打を狙うと、体を反らせて力を出そうとするので、頭が動くために視線がぶれたり、打点がずれたりする可能性が高くなります。
更に、腰を反らせる動きによって、腰を痛めてしまう危険もあります。

 

 

こういったリスクをなくすために、現在では体幹のひねりを使って強打できるボウアンドアローの打ち方が一般的になってきています。
この打ち方を身につけることを含めて技術的に高いボールを打つためには、しっかりと助走して、強く高いジャンプが必要になります。

 

 

それには、3歩での「1・2・3」の助走の前にちょんちょんといった動き出しを覚える必要もあります。
高い打点でスパイクが打てれば、広角に打ち分けたり、滞空力が出たり、ボールが重くなったりと、スパイクの理想の動きが出来るようになることで、将来的に様々な形に対応できる選手になることが出来ます。

 

 

その結果、全国大会など大きな舞台でも通用するスパイカーになれる可能性がぐんと高まってくるので、早いうちからトレーニングの重要性を体にしみこませておきましょう。

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる