ネットから離れたトス スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 練習法 コツ

MENU

ネットから離れたトスがスパイク出来ない

ネットから離れたトスがスパイク出来ないないという悩みはありませんか?
バレーボールの試合中は、いつもいいトスがセッターから上がってくるとは限りませんが、エースアタッカーならどんなボールでも決定力を持って打てるようになりたいものですね。

 

 

そもそもセッターが、ネット際に近いトスを丁寧に上げた時と同じように打っていては、スパイクは決まりません。
まず、どの方向から上がってくるトスでも、ボールの落下点、スピード、高さ、頂点はどこになるかなどを読み取らなければいけません。

 

 

そして、そのセッターからのトスが頂点に来る前に、自分とネットの中間にあがるような助走のスタート地点にポジショニングする必要があります。
その為、色々な方向から条件の違うトスを上げてもらい、助走のスタートポイントを決めて、そこから助走して踏み切り、スパイクを打つ練習をすると良いでしょう。

 

 

また、この時には、すぐにはトスの落下点に入らないようにして、良くボールを見て最初はゆっくりスタートして、最後の3歩で一気に助走スピードを上げて鋭く入るのがコツです。
決定力のあるスパイクを打つには、助走のスピードを利用することも大切ですが、ネットから離れたトスを下に打ち付けたり、ボールの下側を叩いたりするとネットに掛かったりアウトになったりする原因になります。

 

 

ですので、ネットから離れたトスは丁寧にコースを狙ってスパイクを打つようにした方が良いでしょう。
なお、打球のスピードは、それぞれの選手のジャンプ力に関係してきます。

 

 

この加藤陽一監修のスパイク上達革命DVD)では、トスの状態に合わせたスパイクの打ち方はもちろん、ジャンプのコツも学べます。

自分が入ってきた助走を上に跳び上がるパワーに変えることを重視したものと、左足を軸にして、少し前に体重移動してボールに威力をつける2通りのジャンプの仕方が学べるので、ネットから離れたトスやバックアックなど状況によって使い分けることで、決定力もアップするでしょう。

 

チームメイトに信頼されるアタッカーになる方法

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる