スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 オープンスパイク 練習法 コツ

MENU

オープンスパイクのコツ

オープンスパイクは、全力でサイドから打つ最も得点力のあるスパイクですね。
ですが、前衛から打つオープンスパイクも、バックアタックもそれほど大きな違いはなく、どれも体の使い方がわずかに違うだけでそう変わるわけではありません。

 

 

そして、スパイクで一番大事なことは自分の狙ったところに打てること。そして、オープンスパイクは、ボールを力強くヒットする為に、瞬発力をいかし、体を精一杯使ってボールにぶつけていくようにすることです。

 

 

その為には、ボールを頭上の同じ位置でボールをとらえて、毎回同じジャンプが出来るように、助走、タイミング、位置がポイントになります。

 

 

また、自分の持てる力を全てボールに伝えられるように体の使い方が出来るように、自分にとって最もパワーが生まれるスパイクフォームを身につけることが必要です。

 

 

そして、助走の段階からジャンプした空中で、相手のブロック枚数やレシーブの配置などを良く見て判断したり、事前に戦うチームのビデオ等を見て研究して予想をするようにします。

 

 

オープンスパイクのやり方としては、右手で打つならセッターが上げたトスを見ながら左足から助走を始めます。
2歩目の右足の段階での上への勢いをつけてジャンプする為に、両手を後ろに大きく振り、3歩目の踏切で左足を横向きかげんに踏み込み両膝を深く曲げて、体を沈みこませるようにして、上へあがるジャンプの力を溜めこむようにします。

 

 

両足で床を強く蹴って真上に跳び、振りあげた左腕は上方に維持したまま胸を反らせて上体を右にひねりながら右腕を引いて、左腕を引き下ろす反動を使って体を左へ反転させて、右腕を振りだします。

 

 

この時に上半身と下半身が「くの字」になるように振リ抜くようにします。インパクトの時は、右肘を伸ばして、最も高い打点でボールをとらえるようにして、スナップを利かせて右腕を大きく振り抜きます

 

 

オープンスパイクは3歩助走(右利きなら、左、右、左)で行うのがやりやすい方法ですが、ボールの〇〇点を体のある部分でとらえる意識で踏み込む練習がポイントでありコツです.。

 

ウイングスパイカー独特の入り方を身に付ける、プロが教えるとっておきの練習法とは?

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる