軸 スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 練習法 コツ

MENU

スパイクの軸について

体の軸を意識してスパイクを打っていますか?
そもそもバレーボールで強いスパイクを打つ時に大切になるのが、ジャンプ後に体の左右の軸を入れ替えながら腕を振るということです。

 

 

この時の腕を後ろに引くテークバックでの軸となるのは体の右側になります。
平たく言えば、ジャンプの時には体の右側が後方、左側が前方になるような体勢になるということです。
当然、このままでスパイクを打てばボールに体重を乗せきることが出来ず、コートに叩きつけるように鋭るどく打つことが出来ません。

 

 

そこで、ジャンプ後に左手を上げてテークバックをして、体の左側に安定した回転軸を作るようにするのです。
そうすれば空中で姿勢を保ちやすくなり、更にスイングする時に左手を引きつけることで、体の左右の軸を入れ替えてボールに体重をしっかり乗せて、より強いスパイクが打てるようになるのです。

 

 

特にオープンスパイクなどのようにスローテンポで打つ場合は、左手の使い方がとても重要です。
この時の腕の高さも、身長にもよりますが10cm前後高い打点で打てるようになります。
また、助走のスピードをジャンプの高さにする為には、跳び上がる時に両手を大きく振り上げましょう。

 

 

そして、左手でバランスを取りながら右手を後ろに引き、バックスイングから肘を伸ばしながら前に振りだし、肘が耳の高さになるようにして真っ直ぐに伸びた状態でボールをとらえましょう。

 

 

肘が曲がって下がっていると打点もそれだけ低くなりますし、パワーもでないので、スピードよりも、まずは軸や肘の伸びなどを意識して、スパイクフォームを固めることが大切でしょう。

 

 

加藤陽一監修のスパイク上達革命DVD)では、軸である体幹の強化にも繋がるキャッチボールの練習方法も紹介してあるので、初心者からでも効率よく基礎がマスターでき、短期間でこれまでより格段にスパイクの決定力が上がるでしょう。

 

打点を上げても強く打てるようになれます!

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる