打点高くする 練習 スパイク上達革命 DVD 加藤陽一 コツ

MENU

スパイクの打点高くする練習

高い打点でスパイクを打つことが出来ていますか?
バレーボールの試合で、せっかく高くジャンプしてスパイクを打っても、その高さを生かしきれずに、相手ブロックにシャッとアウトされてしまうということも良くあるものですね。

 

 

その原因としては、スパイクを打つことを意識しすぎて、腕に力が入りすぎて肘が下ってしまったり、トスのタイミングが合わなかったり、ボールを捉える位置が前に離れすぎていたりすることが考えれます。

 

 

したがって、その選手の一番高い打点でスパイクを打つ為には、ジャンプ力だけではなく、正しいスパイクフォームや安定した助走が必要になるわけです。

 

 

そんなスパイクの打点高くする練習としては、まずは正しい腕の振りのスパイクフォームを身につけることが大切です。
それには、壁やネットなどを利用して、正しいスパイクフォーム作りの練習をすると良いです。
やり方は、壁やネットが体の側面になるように直角に立ち、振り上げは両手を使って行い、肘を先に振り出してしまうと壁に当たるので、気をつけながら行います。

 

 

また、利き手と反対の腕の肘をしっかり伸ばして、高い所でボールを捉えられるように練習しましょう。
更に、1人がネット際に立ってボールを投げ上げ、スパイカーが後方から助走してきて踏み切って全力でジャンプし、ネットの上方でボールを両手でキャッチする練習も効果的です。

 

 

この時には、ボールにタイミングを合わせて、ジャンプの最高到達点でとらえられるように、助走のスタートとスピードを合わせられるようにまりましょう。

 

 

いずれにしても、利き腕の斜め前方の正しい位置でボール捉えるようにする為には、利き腕と反対の腕を自分の高い位置に持って行くようにすることです。
これが低くなると打点が下がってしまいますし、上げ過ぎるとスパイクがかぶってしまうようになるので、斜め45度くらいにすると良いでしょう。

 

 

この加藤陽一監修のスパイク上達革命DVD)では、ネットを使ったフォーム作りから、高い打点でスパイクを打つ為の練習方法なども映像でしっかり学べるので、これまでより相手にブロックされるこが減り、威力のあるスパイクを打てるようになれるでしょう。

 

1高い打点で強く打てるようになれます!!

 

スパイク上達革命(DVDの詳細を見てみる